電気工事士試験合格への道

電気工事士について

電気工事士について

電気工事士には、第二種電気工事士と第一種電気工事士とに分けられています。これは工事が出来る範囲に応じて分けられていまして、第二種電気工事士より第一種電気工事士の方が工事できる範囲としては広くなります。

 

当然、試験の難易度も第一種電気工事士の方が高くなっていますし、第一種電気工事士は試験に合格しても5年以上の実務経験をつまなければ、免状を取得することは出来ませんので、どちらからでも受験することはできますが、第二種電気工事士からの受験をお勧めします。

第二種電気工事士について

第二種電気工事士とは、「電気工事の欠陥による災害の発生を防止するために、電気工事士法によって一定範囲の電気工作物について電気工事の作業に従事する者」と定義されています。

 

簡単にいえば電気工事のミスによって火災などの災害が起こらないように、電気工事についての知識・技術を持った有資格者でないと作業が出来ないということです。

 

第二種電気工事士が出来る工事としては、一般用電気工作物の電気工事の作業となっています。一般用電気工作物とは住宅や商店など低圧(600V以下)で受電している工作物のことをいいます。

 

具体的にどのような作業が出来るかというと、住宅のコンセントを取り付けたり、そこまでの配線や分電盤の取付などがあげられます。

 

どんなに簡単に思える作業でも電気というのは目に見えない危険なものですので、電気工事士の有資格者が行わなければならないんですね。

第一種電気工事士について

第一種電気工事士とは、電気工事の欠陥による災害の発生を防止するために、電気工事士法によって一定範囲の電気工作物について電気工事の作業に従事する者と定義されています。

 

第一種電気工事士が出来る工事としては、一般用電気工作物の電気工事に加え、自家用電気工作物のうち最大電力500キロワット未満の需要設備の電気工事となっています。自家用電気工作物とは、高圧もしくは特別高圧で受電する電気設備のことでです。

 

また、第一種電気工事士は試験に合格しても5年以上の実務経験をつまなければ、免状を取得することは出来ません。


ホーム RSS購読 サイトマップ