第一種電気工事士試験概要

第一種電気工事士筆記試験内容

第一種電気工事士の筆記試験内容

第一種電気工事士筆記試験の内容は、以下にに掲げる9項目について試験を行います。
解答方式はマークシートに記入する四肢択一方式となっています。

 

  ・電気に関する基礎理論

 

  ・配電理論及び配線設計

 

  ・電気応用

 

  ・電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具並びに受電設備

 

  ・電気工事の施工方法

 

  ・一般用電気工作物の検査方法

 

  ・配線図

 

  ・発電、送電施設及び変電施設の基礎的な構造及び特性

 

  ・一般用電気工作物の保安に関する法令

 

太字の部分については、第二種電気工事士の範囲より追加になっている項目です。

第一種電気工事士筆記試験の合格率

第一種電気工事士筆記試験の過去10年の合格者数と合格率は以下の表のようになっており、毎年40%前後の合格率となっています。
年度 受験者(人) 合格者(人) 合格率
平成 7年度 19898 9132 45.9%
平成 8年度 21976 9558 43.5%
平成 9年度 23277 10060 43.2%
平成10年度 24390 10152 41.6%
平成11年度 26829 10688 39.8%
平成12年度 25610 10783 42.1%
平成13年度 25838 11398 44.1%
平成14年度 26310 11093 42.2%
平成15年度 27242 11350 41.7%
平成16年度 26009 10756 41.4%
過去10年平均 24737 10497 42.4%

ホーム RSS購読 サイトマップ